本日、11時30分頃、当社が運営するテクノファーム袋井(静岡県袋井市)の生育室内において、火災が発生いたしました。ただちに公設消防に通報するとともに、消火活動を開始し、19時8分に消防により鎮火が確認されました。

 この火災によるけが人はありません。また、火災の範囲は工場内であり、構外への影響は確認されておりません。

 地域の皆さまをはじめ、関係者の皆さまに、ご迷惑・ご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

【経緯】

  1. 発生日時 2024年3月4日(月) 11時30分頃
  2. 発生場所 テクノファーム袋井(静岡県袋井市堀越字深田711番10)生育室内
  3. 発生状況

   11時30分頃        従業員が火災発生を確認。

   11時35分頃        消防に通報。消火活動を開始。

   11時50分頃       消防が到着。

   19時 8分          消防にて鎮火を確認。

【原因と対策】

 今後、事故原因究明を鋭意進めてまいります。

 また、事故原因が判明次第、関係当局のご指導を仰ぎつつ、適切な対策を実施してまいります。

【植物工場の概要】

工場名テクノファーム袋井
所在地静岡県袋井市堀越字深田711番10
工場タイプ完全人工光型植物工場
敷地面積約24,400㎡

【問い合わせ先】

 合同会社TSUNAGU Community Farm 0538-74-7105

当社は、世界最大規模となる1日10トンのレタスを生産できる完全人工光型の自動化植物工場「テクノファーム袋井」において、本年1月からレタスの生産を開始し、2月25日に初出荷しました。本日出荷式を行いましたので、お知らせいたします。

近年、「安心・安全・健康・環境」といった食に対する消費者ニーズが多様化していることに加え、農業従事者の不足や異常気象の頻発による安定供給ニーズが高まっており、植物工場は、これらの農業が抱える課題の解決に寄与することが期待されています。

中部電力のエネルギー管理に関するノウハウ、日本エスコンの不動産開発力、スプレッドの栽培技術を融合することで、引き続き、効率的かつ安定的に、「安心・安全」なレタスの生産に取り組んでまいります。

植物工場事業を通じて、食や農業分野の課題を解決するとともに、クリーンエネルギーの積極的な利用や栽培過程における CO2の有効活用など、脱炭素化に向けた取り組みを進めていくことで、持続可能で暮らしやすい社会の実現と SDGs の達成に貢献してまいります。

【植物工場の概要】

工場名テクノファーム袋井
所在地静岡県袋井市堀越字深田711番10
工場タイプ完全人工光型植物工場
敷地面積約24,400㎡
生産品目葉菜類(レタス)
生産能力10トン/日(5万株/日)

【出荷式の様子】

【テクノファーム袋井の外観】

【工場の内部】

栽培管理グループの応募を締め切りました。ご応募いただきありがとうございます。

設備管理リーダーの応募を締め切りました。ご応募いただきありがとうございます。

栽培管理グループ員および設備管理グループ員の採用情報をアップしました。ご応募お待ちしております。

副工場長の応募を締め切りました。ご応募いただきありがとうございます。

副工場長・設備管理リーダーの採用情報をアップしました。ご応募お待ちしております。

ホームページを開設しました。

当サイトから最新の情報を発信していきます。